キャットフードの原材料(肉副産物・ミート副産物)

肉副産物とは「肉以外の内臓」、「動物の組織」を指します。
「肉」という書かれ方をしているので、肉であると誤解しやすいですがあくまで「肉以外」です。
屠殺された動物の「食肉として流通することのない部分」です。

肉副産物(ミート副産物)には種類があり、AAFCO(米国飼料検査官協会)により、それぞれ定義されています。
中でもペットフードの成分表記に見られる、危険と思われるものを抜粋します。

  1. ミート(ラム、ビーフ、チキン)、肉(羊肉、牛肉、鶏肉)
  2. 汚染されていない肉で、骨格筋、舌、心臓、角膜や食道にみられる横紋筋肉のこと。
    皮、腱、神経、血管や脂肪は含んでも良いが、含まなくても良い。

  3. 肉粉(ミートミール)
  4. 血液、ヒヅメ、ツノ、毛、くず皮、糞、胃などをレンダリングしたもの。
    脂肪は除く。
    ペプシン(胃液に含まれる消化酵素)で消化できない残留物が12%以下のもの。

  5. 肉骨粉(ミートボーンミール)
  6. 上記の肉粉に肉と骨を含めて精製したもの。

  7. 肉副産物
  8. 肉以外のレンダリングされていない肺、脾臓、腎臓、脳、肝臓、血液、骨、脂肪組織、胃腸(内容物は除く)などの肉ではない部分、内臓や血液、脳など。

  9. 家禽肉副産物
  10. 肉以外のレンダリングされていない頭、足、内臓など。
    糞や羽などの異物は含まないが、処理の過程で入る場合は少量ならばよい。

  11. 家禽肉副産物粉
  12. 首、足、未発達の卵、腸などを生成して粉にしたもの。
    糞や羽などの異物は含まないが、処理の過程で入る場合は少量ならばよい。

1のミートは「汚染されていない肉」なので一見安心に見えますが、「皮、腱、神経、血管や脂肪は含んでも良いが、含まなくても良い」の表記はとても曖昧です。
このような定義である限り、何が入っているのか結局消費者が知ることはありません。

「ミート」「肉」という文字を見て、「肉が入っているのだろう」と想像するのは仕方ありません。
そのように書いてあるにも関わらず、「肉以外の」という意味のあるものもあれば、5や6のように「糞や羽は少量ならばよい」と定められているものもあり、明らかに食べることができないようなものが含まれているかも知れないと思うと、ぞっとしますね。

口コミで評判のキャットフードも知っておきましょう。