キャットフードの原材料(加水分解動物性タンパク)

加水分解動物性たんぱく質(たんぱく加水分解物 )

動物性たんぱく質とは肉、魚、卵や乳製品などに含まれるたんぱく質のことです。
肉食の猫にとって欠かせないもので、身体の発育に必要な多くの栄養素を含みます。
加水分解とは化合物が水に反応して起こる分解反応のことです。

そして加水分解動物性たんぱく質とは肉や魚などの動物性たんぱく質を加水分解して得られたアミノ酸のこと。
加水分解動物性たんぱく質は「グルタミン酸ナトリウム」と同様の扱いの、うま味調味料です。
しかし、加水分解動物性たんぱく質のほうがアミノ酸の種類が多いため、複雑な味を作り出すことができ、今までの調味料だけでは作れなかったこくやうま味が作り出せるとして、 私たちがよく料理に使うマヨネーズやソース、たれやミートソース缶などの調味料にも使われています。

疑問点

加水分解動物性たんぱく質のもととなる動物性たんぱく質は、何の肉のどの部分から抽出したものか定かではありません。
しかも加水分解の際、他の方法よりも早く効率的に処理することができるため、その多くが塩酸を使っています。
この処理の過程で、タンパク質に含まれている「グリセリン」が塩酸に反応しクロロプロパノールという物質を少量生成します。
この物質は、発がん性が高い物質であるといわれています。
そのため、酵素によって処理する酵素分解法という製造方法が徐々に増えてきてはいますが、塩酸分解法よりもコストがかかるため、なかなか広まらないのが現状です。

人工的に作り出されたうま味調味料は、人体に対してすら有害なのではないかという声が上がっています。
人間よりも小さな身体の猫に、毎日食べさせ続けてもよいのでしょうか?
ペットである猫達の健康は、飼い主の知識と判断力にかかっています。